KENSHU SHINTSUBO

Feb

29

季刊 Inter Communication / No.64


NTT出版より2月27日発売の「季刊 Inter Communication」最新号において、
表紙と巻頭の10ページにわたって新しい作品を発表しています。
季刊 Inter Communication / No.64 2008 spring
特 集  音楽 / メディア
発売日  2月27日
価 格  1,400円
問合せ  NTT出版(TEL:03-5434-1010)
(目次より)
◆サウンド・フォトグラフィー
新津保建秀
Binaural-Scape.2001-2007
渋谷慶一郎
ベルリンのfilmachine
◆対談
渋谷慶一郎+佐々木敦
ゼロ年代の「音響」と「音楽」をめぐって
高橋悠治+渡辺裕
世界音楽と反システム音楽
◆テクノロジーへの視点
高橋健太郎
検索
制作ソフトウェア
津田大介
携帯オーディオ
SNS
小野島大
音楽再生
◆テキスト
佐々木敦
MAXIMAL MUSIC(承前)
津田大介
未来の音楽ビジネス
鈴木謙介
同期するメッセージ、空虚への呼びかけ
増田聡
「作曲の時代」と初音ミク
久保田晃弘
生成技術時代の音楽作品
プログラミング言語から計算する宇宙へ
清水穣
セリー、フォルメル、メディア
シュトックハウゼンの《ヘルコプター弦楽四重奏曲》
ペーター・サンディ+廣瀬純
ハイウェイ・ディアフォニック
ペーター・サンディは何を聴くのか?
◆アーカイヴ
薮崎今日子
エレクトロニック・ミュージック・レーベル・ガイド
「音響」はどこに存在しているか
ばるぼら
年表・21世紀の音楽/メディア史
1995-2008
◆連載
パラレル・リアリティ13
藤幡正樹
視線と発見
片隅の啓蒙17
稲葉振一郎
水槽の中の脳は〈よき全体主義〉の夢を見るか